Tマインのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 カン・チュンド著

<<   作成日時 : 2012/05/07 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

インデックス投信で評判のカン・チュンド氏の標記書籍を購入。
ドル・コスト方式の積み立て投資には魅力を感じる。
しかし、腑に落ちない。投資は難しくない言っているところにも違和感を感じる。
業界側の人間ではなく、個人投資家側の人の本も読んでみたい。
インデックスの投資信託購入はしばらく様子見。

70ページから抜粋
年率5.5%、30年間の運用で、あなたの資産は約7600万円になります。

過去200年の平均とのことですが、現在、どこに年率5.5%のリターンの投資信託があるのやら。(追記:インデックス投信ではなくREIT リートならありました。配当利回り5.73%)

123ページから抜粋
長い目で見ると、日本の円の価値は緩やかに低下していくと考えます。すなわち「円安」です。

いったいいつから円安になるのやら。

本書で例示してある投資信託
国内債券インデックス・オープン

TOPIXインデックス・オープン

グローバル株式インデックス・オープン

新興国株式インデックス・オープン

グローバル債券インデックス・オープン



あの有名人・著名人の資産ポートフォリオをのぞいてみた!!(その2) | 「ダイヤモンド・ザイ」最新号注目記事! | ダイヤモンド・ザイ・オンライン
個人投資家としての著者は、年率7%程度の利回りを出している、ではなくて目指しているとのこと。配当生活者のブログを読んだ方がためになるか?
2010年09月28日(火)

今後の成長性が最も高い新興国に重点を置いて投資(カン・チュンドさんの巻)

 投資商品は海外ETF中心。私が資産運用を始めたころは今と違って、海外ETFくらいしか投資しやすい商品がなかったからなんですが。新興国のうち33%は中国株ETF、インド株ETFが10%、エマージング諸国全体に投資するETFが5%くらい。積み立てではなく下がったときにスポットでゴッソリ買います。

 ものすごいボラティリティが高いのでリーマンショックのときの中国株ETFは半分以下になって相当身体に悪い思いをしました。そんなこともあって安全資産の預貯金20%はキープ。これで年率7%程度の利回り、10年で2倍を目指しています


****************************************************
参考サイト

カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!

インデックス投資・資産運用・ポートフォリオのご相談なら晋陽FPオフィス

【第10回】カン・チュンド氏に聞く「資産運用に最も適した投資信託はなに?」

コレだけ読めば大丈夫! はじめての投資信託-投信・ETF:マネー :日本経済新聞


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 カン・チュンド著 Tマインのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる