Tマインのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Panasonic DIGA DMR-BWT1100-K の分解と 2TB HDD への換装

<<   作成日時 : 2015/05/24 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2010年に購入したブルーレイレコーダー Panasonic DIGA DMR-BWT1100-K を分解し、ハードディスクを500GBから2TBに交換しました。

参考サイト
【HDD/DVDレコーダー】ハードディスク換装 wiki@nothing


主な手順
1 現在のハードディスク500GBをレコーダーから取り外す。
2 HxDというソフトウェアで、現HDD500GBから新HDD2TBに先頭2GBをコピーする。
3 HxDで、新HDDの設定値(1)8箇所及び設定値(2)8箇所、合計16箇所のHDD容量に関するデータを書き換える。
4 新HDDをレコーダーに取り付け、ディスクのフォーマットを行う。
  録画時間の残量が46時間(DR)から184時間53分(DR)に変わった事を確認。
  (機種により録画可能時間は多少前後する)
画像



新ハードディスクドライブの型式
WD データ復旧3年保証つき 内蔵HDD Red 2TB 3.5inch SATA3.0 64MB IntelliPower WD20EFRX-DS/N (FFP)
選んだ理由:HGST(0S03224、HDS5C3020ALA632/2TB/5,940回転)が入手困難、回転速度、電力消費量、AVコマンド、データ保証等




(参考1)旧HDDの型式(HGST CoolSpin)
-------------------------------------
Hitachi HCS5C1050CLA382
-------------------------------------
Enclosure : Hitachi HCS5C1050CLA382 USB Device (V=152D, P=2338, jm1)
Model : Hitachi HCS5C1050CLA382
Firmware : JC2OA3FB
Disk Size : 500.1 GB (8.4/137.4/500.1/500.1)
Buffer Size : 6168 KB
Queue Depth : 32
# of Sectors : 976773168
Rotation Rate : 5700 RPM
Interface : USB (Serial ATA)
Major Version : ATA8-ACS
Minor Version : ATA8-ACS version 4
Transfer Mode : ---- | SATA/150
Power On Hours : 9721 時間
Power On Count : 4861 回
Temperature : 34 C (93 F)
Health Status : 正常
Features : S.M.A.R.T., APM, 48bit LBA, NCQ
APM Level : 0000h [OFF]
AAM Level : ----


(参考2)HDDとWindows 7パソコン接続に使用したケーブル(2本使用)
GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA
選定理由:使用した実績があった。USB3.0対応に評価の良いものを見つけられなかった。

GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA
グリーンハウス
2007-05-31


Amazonアソシエイト by GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




レコーダーの分解および500GBHDDの取り外し
 ・上のカバーを外す。
 ・フロントパネルの(爪の間に綿棒の軸などを差込ながら)爪6箇所を浮かせて取り外す。
 ・ハードディスクを取り付け金物ごと取り外す。
 ・ハードディスクから金物を取り外す。
画像



HDD先頭2GBのコピー
 ・HxDでHDDの先頭2GBをコピー
※HxDで2GBコピーする方法を報告しているHP http://green.zero.jp/meronsoft/mr_bzt710_2.htm

ドライブ2:HCS5C1010CLA382(BZT710搭載HDD)
ドライブ3:新HDD(換装用)
と仮定します。
ドライブ2→ドライブ3にコピーします。

HxDは、768MBコピー出来るんだから、計算が面倒なので、512MB単位で分割コピー。2GBなので、4回繰り返す。

ブロック範囲先頭4回分
0
20000000
40000000
60000000
ブロック範囲長さ、共通512MB分
20000000

画像



新HDDの容量の16進値を書き換える

設定値(1)の書き換え8箇所
51 CA 8C 0E → 44 A9 34 3A

設定値(2)の書き換え8箇所
51 BA 80 0E → 44 99 28 3A

設定値のセクターおよびオフセットは以下の図の通り。
画像


新HDD(2TB)を取り付けてフォーマット
 ・外した時と逆の手順で新しいハードディスクを取り付け。
 ・DIGAを起動し、HDDをフォーマット。
HDD異常検出画面より抜ける手順
1 一旦、電源を切り、再度 付属ののリモコンの番組表ボタンを
押して起動させる (番組表画面)
2 リモコンの戻るボタンを押して、通常画面に戻る

HDDフォーマットの手順
1 リモコンのスタートボタンを押して、スタートメニューを起動させる
2 スタートメニューのその他の機能へから初期設定を起動させる
3 初期設定画面のHDD/ディスクを選択して決定ボタンを押す
4 HDD/ディスク画面のHDD設定を選択して決定ボタンを押す
5 HDD設定画面のHDD管理を選択して決定ボタンを3秒以上押す
6 HDD管理画面のHDDのフォーマットを選択して決定ボタンを押し、
フォーマットを行う




















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Panasonic DIGA DMR-BWT1100-K の分解と 2TB HDD への換装 Tマインのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる